寝た超

寝過ぎると、あくびが沢山でます(妹情報)

夏の思い出

この夏、それぞれ違う人から言われたのが「中二」と「喪女」だったんですけど。

私と久しぶりに会った友人の感想が中二と喪女だった。ラノベ化決定。電撃文庫から。

いやまあ中二は、新大阪のコメダでかき氷食べながら、もう十分満足したので死にますという遺書を書いた話をしちゃったもんだから、私も私で久しぶりに会った人になんて話を聞かせてんだつう話なんですけど。この話は人に言っちゃいけないやつだしツイッターにも書けないなと思ってて黙ってたんだけど、黙ってるうちにどんどんうまくまとまってきちゃったもんだからいいかな?と思って話したら「それ中二だよ……」。だめだったー!めちゃくちゃ引いとるー!中二って言われるの恥ずかしい。三十二なのだから。

喪女の方はつらすぎてどういう流れだったかは記憶がないんですけど、私はふわふわパーマだしお化粧もちゃんとしてたし買ったばかりのワンピース着てたしもてないエピソード披露してないしプリキュアエレ片の話くらいしかしてないんですけど、彼は一言「喪女……」とつぶやいた。夏の暑い日。駅のホームで。電車を待ちながら。私、この光景一生忘れない……!(第1巻P21より抜粋)

喪女を面と向かって言うとかありなの?初めて聞いたよ!って言ったら、言った方も「初めて言った」とか言ってて。ネット用語を実際口にするって結構ハードル高いと思うんですけど、越えさせたよね。越えさせる圧倒的もてなさそう感が私にはあるのよね。悲しい才能やね。この曲はくるり岸田さんにうたってほしいです。