寝た超

寝過ぎると、あくびが沢山でます(妹情報)

連呼

結婚式の3次会。

久しぶりに会った友達がなんかハイな奴に変わってたよ、と思ったら変わったのは自分の方だった。おかしい。8年前、仲良しグループだった同級生女子たちのノリ及び輝きにひとっつもついていけない!

ここ1~2年はミクシイの名前かみつきとして人と会うことの方が多くて、その時の私はというと、インターネットの話をたいそう嬉しそうに話したり(各位すみません)、飲み会に来た男子全員の二の腕をかんだり(各位またお願いします)と、わりとふつうに付き合いができてて、なんなら結構コミュニケーション能力あるんじゃんくらいに思ってた。

それがどうだろう。久方ぶりにインターネットとは無縁な世界の人たちがたくさん集まる場に行ってみたらば、まあ見事なピーチ(凹みやすい・繊細)っぷり。

まず2次会でビンゴが揃ったのだけど挙手できずに、そっとビンゴカードを裏返してテーブルに伏せる始末。残ってた景品はあと2つで、人生ゲームとPS3だった。

同級生女子に話しかけたときも、今どうしてるの?って聞かれて、「あの時付き合ってた人なんだけどね、あれからずっと付き合ってたんだけど実は2年前に「あ!ごめん!電話!」「あ、うん」てなってその場から離れたきりその子とは話さなかった。おい、君たち、今思ったことを口に出すなよ!ぜったい言うなよ!私が泣くだろうが!

そうして行き着いた3次会。席(あたりきに一番端)についてぐるりと見渡すとまわりはすっかり打ち解け合っており、異常に盛り上がってる。入学式当日に風邪で寝込んで1週間後にようやく登校したかのような疎外感の中で、ああ、これが合同コンパってやつかーって思った。知らんけど。つうか、3次会ともなるともう結婚式関係ないのな。知らない人、たくさん、こわい。かわいいは正義、を、実感。

大体ね、3次会は有志なんだから行かなきゃいいじゃんて話なのだけどもね、これもまた難しい話でね、2次会の会場から出てみんなが集まってるところでね、 ね、じゃあ帰るわなんて言ったら注目浴びちゃうじゃん。実際、2次会で帰った人、そうなってたし!みんなで手振って見送りみたいなんになってたし!!!目立たないように帰ればよかったんだけど、楽しいかも、って、思った私を私は許さない。

動けず喋れずじっと座っている私を見て、ある同級生女子が笑いながら「だ、大丈夫?」って言うもんで、「ちょっと素数数えるわ」つったら、「(一同笑)」!!!!!

今のでようやく掴んだみんなの輪への入場券!もう大丈夫だと安堵してたら、隣に座ってた知らない男子(泥酔)が、

素数って割り切れない数字やんな?」

「えっ。ああ、うん」

「えーと、なに。にー?さん?ごー?」

「・・・」

「ななー。え?あってる?」

「いや、ジョジョ、あの、素数を数えて落ち着くっていう、や、すみません」

「えー?そうなの?俺知らねーし。素数って割り切れない数字やろ?!」

「はい」


なんでもないのに泪が出てくるのはきっと本気で誰かと笑いたいだけなんだ。