寝た超

寝過ぎると、あくびが沢山でます(妹情報)

整体の話4

前回までのあらすじ

 長年の猫背とデスクワークが祟ってついに腰痛が限界に達したわたしは

 もう貧しいだの乏しいだのと言ってられない!と、整体へと踏み切った。

 問診でスベり、子供扱いされては萌え、初めての整体体験に翻弄されつつも、

 この整体師(30代?)をまっちゃんと呼ぶことにしようとそっと決意する。

 理由は、整体院のサイト内のブログにて自分でまっちゃんって言ってたから。

 ちなみに院長である。

 

なんか気さくに色々話してくれるので肩とか腰を押さえられながらも和気あいあいとしてたんだけど何度も同じとこ押されてると段々痛くなってきて、大昔、体を固定して高いところから頭のてっぺんに水滴を1滴ずつ落とす拷問があったらしくて、全く同じ位置に一定のリズムで永遠と水滴を落とされると気が狂ってくるらしくて、まあそれは今関係ないんだけど、声を出すのも苦しくて途中から全無視状態になった。そうしたらそれに腹を立てたのかまっちゃんは私を脅し始めたんだ。

整体師「ぎっくり腰はやばいですよ。あれめちゃくちゃ痛いですよ」

わたし「(そ)・・・(うです、か)・・・」

整体師「ぎっくり腰になる人ってね、ちょうどこんな腰なんですよ」

わたし「?!!」

な、なんだってー?!やばいじゃないか!ぎっくり腰こわい!「気をつけてくださいねー」なんて、悪魔の微笑みで言うから(うつ伏せだから顔見てないけど!)いらっとして、「それってどう気をつけたらいいんですか?!」って強めに言ったった。そしたらね、「歯磨きで腰曲げる時とかあとくしゃみもやりやすいですから気をつけてください」だってさ。くっそー!いつ気をつけるかじゃないんだよ!回避の話をしてるのにはぐらかしやがってー!でもその笑顔見たらつい許しちゃう・・・!うつ伏せだから顔見てないけど!

そういうわけで、あれからずっとぎっくり腰に怯えてる。

働き盛りに多いってまっちゃん言ってた。

でも私、盛るほど働いてないからならないんじゃないかなって思ってるよ。

あとなんかMAJIでヘルニア5秒前らしいですわ。

やんだーまっちゃんたらちょっとわたしが無視したからってそんな意地悪言わなくても!

冗談きっついわあー!

  ま じ で ? !