寝た超

寝過ぎると、あくびが沢山でます(妹情報)

怖い話

実際にあったこわい話

休日に、ある女性が知り合いの男性と会っていたんですね。

男性の買い物に付き添うということで、午後1時に大阪駅で待ち合わせ、

地下鉄に乗って、ショッピング街を歩いていたんです。

その日は小雨が降ったりやんだりのぐずついた天気だったんですけど、

彼女たちはそんな空模様とは逆に、とても陽気に会話を楽しんでました。

初っ端からアニメの話を延々とし、当日の服装の話なんかもしてました。

そして、会話が一息ついたところで、男性は唐突に話し始めます。

男「俺、こないだ心理テストされて、Sだって断言されたわ」

女「え。何ですかそれ。当たってるじゃないですか(笑)」

男「ちょっとここに手、置いてみ?」

女「はい」

男「M」

女「いやいやいや!そんなハッキリ言わなくても!恥ずかしいじゃないですか!」

男「こうやって合わせて置く人はMやねん

  俺とかはその発想全くなかったからな」

女「そうなんですかね。心理テストこわいなー」

こうして男性は、

さりげなく女性がMであるという情報を得たのでした

でも女性はその心理テスト

知ってたんですよね・・・

MはMでも魔性のM。