寝た超

寝過ぎると、あくびが沢山でます(妹情報)

毎年思うこと

あたしさ、朝7:46の電車に乗ってんのね。次の54分でも間に合うんだけど、46分の方がすいてるからさ。まあそれはいいとして。

これは毎年そうなんだけど、この時季になると急に人が多くなるわけ。元々、座れることはまずないんだけど、それでも通路にすっと入れたのよ。ほらドア付近にいるとぎゅうぎゅうになるじゃん?でもその通路ももうぎっちぎちで。いや、4月から入社する人たちが乗るようになって増えたんだろうと思うんだけど。そこじゃなくて。

でもしばらくしたらだんだんいつもの空き具合に戻っていくんだよね。あれすっごい不思議なの。勤め始めってさ、まあ最初は不安だからちょっと早めの電車とかに乗ってさ、余裕持って出勤したりするじゃない。だけどそのうち掴んできて、ベストな時間に固定されていくんだろうと思うのね。だから今46分に乗ってる人たちもそんなふうにして前後にずらしたりそのまま46分でいったりして徐々に分散されるんだろうけど。でも最初46分に乗ってなかったけど46分に固定する人もいるわけじゃん。なのにいつの間にか「いつもの感じ」に収まってくの。増えた人たちはどこに行ったの?

毎年、社会人になって電車通勤する人は絶対いて、そしたらどんどん電車に乗る人の割合は増えてくわけじゃん。でも「いつもの感じ」ていうのがあって、実際はあんまり変わらない。じゃあ逆に電車に乗らなくなる人がいるってことになるわけで。まあ退職する人だよね。でもそれってそんなに多いものなの?新社会人とトントンになるくらい?えーそうかなあ。でも4月の最初は確実に車内の人口が増えてんだよ?それからだんだん辞めてくの?

なんてことを通勤中考えてました。

世の中うまいこと出来てるんだろうね、という話です。